2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

これまでのネオ君

ネオ君が保護されてから現在までを時系列で説明します。
初めてネオ君のことを知る方も、
ずっと見守ってくださっている方もふくめ、
もう一度読んでいただけますと幸いです。


2005.06.06
千葉県富里市動物愛護センターより保護。
首輪はなし。体格が大きい割に均整のとれていない体型を不思議に思う。
爪は長くはなく、係員の指示に怯えているようだった。
保護直後、動物病院へ直行。
そこで心電図に異常がある事を告げられる。
フィラリアは陰性。血液検査も問題なし。体重30.6kg。未去勢。
外飼い特有のタコがあちこちにあった。

2005.06.13
去勢済みの♂に異常反応するので
心電図の数値が気になるが精神的ストレスを考え、
去勢手術に踏み切った。
数名の獣医師を同席させての去勢手術。無事終了。
1泊入院後、担当医より大学病院での検査を勧められる。

2005.06.23
日本獣医畜産大学にて検査をしていただく。
担当してくださった小山先生は
エコーでは日本一と言われる先生で、詳しいネオ君の診断名が明らかになった。
先天性三尖弁異形性(エプスタイン型)と診断された。
当時の診断書はこちら
余命半年と宣告される

2005.06.25
ネオ君の腹水が頻繁になる。
強い利尿剤を投与し、水を抜く。

2005.09.19
原因不明の黒ニキビが全身に出る。
検査をしても原因は解らずじまい。
おそらく接触性アレルギーだろうとのことで、
処方食(ヒルズw/d)に切り替える。
心臓の薬エースワーカーを開始するにあたり、
疾患は全て治しておく必要があると言われ、
1週間、抗生物質で叩くことにする。

2005.10.07
心臓の薬エースワーカー(塩酸テモカプリル)の投与を開始。
今後、一生のみ続ける薬となることを説明される。

2006.01.02
ネオ君は千葉県から東京都の預かりさん宅へ移動。
病院同士の引き継ぎも無事終了。

200604.04
暫く安定していた腹水がまた溜まり出す。
病院の処置で1リットルを抜く。
暫くの間、利尿剤投与することに。

2006.04.22
腹水が少し安定してきたものの、
まだ予断を許さない状況。
通常量の1/4量の利尿剤を服用。

2006.05.09
腹水は一時安定したので、利尿剤を中止。

2006.05.17
再び日本獣医畜産大学へ。
前回の診察データと照らし合わせてみたところ、
レントゲン、エコー、心電図の検査データの結果は
悪化しているとのこと。
心臓は肥大しているし、血液の状態も悪いと診断。
しかしながら当犬のネオ君はとでも元気なので、
担当医は「このデータと、この子が同じ犬とは思えない」と言っていた。
何で1年も元気に生きているのかは分からないとまで言っていた。
≫≫≫詳細はこちら

2006.06.06
保護してからちょうど1年なのでこの日をネオの誕生日とし、
お祝いする。
余命半年と宣告されてから1年が経った。

2006.06.14
サプリメントとして核酸とフコイダンを開始。
腹水も溜まりにくくなり、体調が良い様子。

2006.07.13
午前3時頃に咳き込み。
何回か咳をすると静かになり、また少し経つと咳き込みだした。
音だけ聞いてると吐いてるように聞こえるが、何も出てこない。
病院へ電話して聞いてみたら、腹水が肺のほうへ入ってるかもしれないとのこと。
2~3日、利尿剤を飲んで改善されなければ肺のレントゲンを撮ることに。
しかしネオ君自身は食欲もありとても元気。

2006.07.15
やはり咳き込みが治まらないので病院へ。
レントゲン撮影してみることに。
肥大した心臓が気管を圧迫して上へと押し上げてしまっており、
その影響で咳き込んでしまうとのこと。
腹水が溜まっていないのに肺に水が溜まっていると診断。
とりあえず利尿剤と気管を広げるお薬を一週間飲んで様子をみることに。
画像をクリックすると大きな画像でごらんになれます。
20060715213633.jpg

20060715213651.jpg


2006.07.28
サラネットワークさんの紹介で農工大へ。
循環器科の権威である山根先生に診断を仰ぐ。
ネオ君の三尖弁異形性に対し、生体弁置換法手術が可能とのこと。
この手術がうまくいけばネオ君は5年以上は普通に暮らせるとのこと。
しかしながら手術費用に100万~150万掛かると言われ、
今回、このようなネオ基金を発足。
≫≫≫詳細はこちら

2006.08現在
手術予定日まであと1ヶ月
ネオ君の体調を整えるケアに専念。
そしてネオ君自身は咳き込みはまだあるものの、
とりあえず元気で生活している。

スポンサーサイト

| これまでのネオ君 | 23:53 | comments(14) | trackbacks(3) | TOP↑

≫ EDIT

はじめに

ネオに、生きるチャンスをください!

心臓手術のための緊急募金に

ご協力をお願い致します。



昨年6月、千葉県の愛護センターから救出した黄ラブのネオ(♂、推定4歳)は、
先天性の心臓奇形をもっており、大学病院の獣医師の診断によれば、
生きてること自体が奇跡に近いとのことでした。

ネオは、元の飼い主から虐待を受けた形跡もあり、
人間不信もみられましたが、
現在では、複数の預かりボランティアさんのご家庭で献身的な治療と
深い愛情に包まれ、精神的にも、肉体的にもすっかり立ち直りました。

しかしながら、先天性の心臓奇形は
いつネオの命を奪っても不思議ではない状態が続いています。
先月も咳き込みが続くので、診察を受けたところ、
肥大した心臓が気管を圧迫していたことが原因と判明しましたが、
有効な治療法もなく、我々としても寿命が尽きるまで
いい思い出を与えつつ見守るしかないのかと途方に暮れる思いでした。

そんな折、東京農工大学で心臓外科の権威である
山根先生の診察を受ける機会に恵ました。
診断の結果、先天性の欠陥(エスプタイン型)がある右心房の弁だけを
移植する手術を(生体弁置換手術)施せば、
この先長く生きることができるとのこと。
もちろん、リスクはあります。
弁の移植の際、一度ネオの心臓を停止させ、その間
人工心肺に繋ぐわけですから。


また、その手術に必要な費用の問題もあります。

手術費用は

100万円~150万円かかるそうです。


大学側はレスキューした保護犬であることにご理解を頂き
若干の免除はしてくださるとのことでした。


ハッピーラブズのスタッフ間でも手術を受けさせるかどうか悩みましたが、
我々は、みんなでネオを助けることを決意しました。
このまま、苦しみと闘いつづけながら遠くない将来、
ネオの命の灯火が消えるのをじっと待つよりも、
リスクはあっても手術に賭けることを。

手術は、9月中の予定です。

ハッピーラブズは、メンバーによる毎月の会費、
グッズ販売やフリーマーケットへの出店などによる自助努力、
さらに一般の皆様からの寄付金や物資のご支援により
保護活動が支えられておりますが、ネオの他にも多数の保護犬がおり、現在のストック資金だけでは
ネオの心臓手術費用を賄いきれないのが実状です。

従いまして、あえてネオの心臓手術費用のご支援に関する告知をさせていただく次第です。
諸事情、ご理解賜りご無理のない範囲で
ご協力を深くお願い申し上げます。

ネオ君基金の振込先

 みずほ銀行 東青梅支店
 普通 1043794
 名義 モチヅキクミコ ハッピーラブズ


注)ハッピーラブズは法人登録をしていない為、
便宜上個人名での口座になってしまいます。
もちろん、こちらへのお振込は全て保護犬の為に使われますので、
Happy Labs収支報告書をご確認ください。



 郵便口座
 記号 10140  番号 62038881
 名義 ハッピーラブズ



※領収書を発行させていただきます。
必要な方はこちらからお申し込みください。
(ご入金日と金額、名義、領収書の送り先をお知らせください)

| はじめに | 14:24 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。