2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術日 決定しました

直子です。

本日(12月25日)農工大へ行ってネオの検査をしてきました。

ネオの検査結果は予想通り、、、いえ予想以上に悪いものでした。

弁は全く機能していなく血液が逆流し、右心房、右心室が巨大化してしまって
左側を圧迫していました。
心拍数は上がり、心電図を見ても、いつ心臓が止まってもおかしくないと
言われました。

ただ前回、腎臓の数値が高めだったのが正常になっていて
これは利尿剤(フロセミド)を飲まなくなったからではないか?
との事。
この状態で腹水が溜まってなく、うまくコントロールされてると
ビックリされていました。

これはピットマムさんがいつも寄付してくださるフコイダンのお陰だと
思います。
このサプリを飲みだしてから腹水が溜まりづらくなっていて
2週間に1度程度フロセミドを飲めば大丈夫なのです。

そして、ネオの手術が決まりました!

手術すべきかどうか、かなり迷いましたが、今の状態では必ず近いうちに
ネオの心臓は停止します。
とても難しく厳しい手術ではありますが、このまま何もせずネオの死を
待つより、山根先生にお任せする覚悟を決めました。

手術は1月31日です。

その前に心臓の状態を良くしておく為に強心剤(ジゴキシン)を
2週間服用して、1月9日にまた検査に行ってきます。

とうとう手術日が決まりました。
今からドキドキして、私の心臓が止まりそうです。
とにかく手術までネオの体調を落とさないよう気をつけます。
スポンサーサイト

| ネオの近況 | 13:35 | comments(46) | trackbacks(2) | TOP↑

≫ EDIT

近況ご報告

直子です。

先日(11月30日)ネオがお世話になっている農工大・山根先生の執刀で
別のワンちゃんが弁置換手術を受けました。
手術は成功し、そのワンちゃんは術後ちゃんと覚醒したのに
容態が急変し、亡くなってしまいました。

原因は分からないそうです。
老犬だったからでしょうか?分かりません。
とにかく手術は大成功だったのです。
それなのに・・・。

ネオの手術は、もっともっと難しいものになります。
もっともっとリスクの高い手術になります。

世界で初めてのエプスタイン奇形の犬の手術。

山根先生は手探りで色んな文献から、ネオにどういう手術をしたら
最善なのだろうか?と一生懸命調べてくださっています。

ネオの手術の日程が、なかなか決まらないのは、
こういう理由によるものです。

当初は、ネオにも弁置換手術をということでしたが
それではあまりにもリスクが高すぎる、危険が多過ぎるということで
現在考えてくださっているのは、新たに弁を作る方法です。

ネオの弁はそのままで、別にもうひとつ弁を作ってしまおう。
そうすればどちらかの弁が機能しなくなっても、もう一つの弁が補ってくれる。
両方の弁が動いてくれればネオの心臓の負担は減ることになります。

通常の犬の心臓の動きが100として
ネオの今の心臓は20程度しか動いていません。

それを100にするのは無理でも50、60くらいまで動けるように
少しでも心臓の負担を減らせるような方法を考えてくださっています。


しかし、この方法というか、エプスタイン奇形の手術自体が前例がないのですから
「必ず成功する」とは誰も断言できません。
予後もどんな症状が出るのか、どのくらい寿命が延びるのか
そんなことだって推測でしかないんじゃないかしら。

もし成功すれば、苦しんでいるエプスタイン奇形の犬達に
明るい未来が開ける第一歩にはなりますけど・・・。

けれど私はネオを失いたくありません。

ネオにとって、どんな選択をしてあげたら良いのか迷っています。

そんな危険な手術しない、と決めてもネオは長くは生きられないでしょう。
そしたら「何で手術しなかったんだろう」と後悔するかもしれません。

手術して、もしネオを失ってしまえば
やっぱり「どうして危険な手術をしたんだろう」と後悔すると思います。


ネオはハッピーラブズからお預かりしている子です。
ハッピーラブズは、皆さまからの暖かい善意で成り立っている団体です。

ネオにと、沢山の物資・フードやサプリやトイレシートやおやつ。
そして沢山の方達からご寄付を頂戴しました。

ネオは我が家だけの子ではありません。

しかし、ネオはウチに居ます。
うちの子同様に愛しています。

一緒に寝起きして、笑って、怒って。
大事な大事な家族なのです。

ネオにとって最善の選択とは何なのでしょうか。

ネオはいつでも笑顔で寄り添ってくれる。
ただただ、このネオの笑顔を守りたいだけなのです。

私はどうしたら良いのでしょうか・・・。
教えて、ネオ。


先日の弁置換手術の子が元気になって退院していたら
「よしっ!ネオも続け~」と、不安はありつつも
前向きに考えられたかもしれません。

この子より複雑でリスクの高くなる手術ですから
両手を広げて「ネオも!!」とは思えなくても
少なくても今のような弱気にはならなかったと思います。

今まで、検査のたびに現実を突きつけられ
どんどん肥大していく心臓、腹水の溜まりやすい体・・・。
薬ばかり増えていっても検査結果は悪くなる一方。

それでもネオに心配をかけたくなくて一度も泣きませんでした。
涙うるうる・・くらいはあったかも・・・。

けど昨日はネオを抱きしめて泣いてしまいました。
訳わからん言葉を叫んで、さぞかしネオは驚いたと思います^^;

ネオのために私がしっかりしなきゃ。
強くなってネオの笑顔をずっとずっと見続けなきゃ。

また皆さんに心配かけちゃうなぁ・・・。
ごめんなさい。

neo4.jpg

皆様のご心配を知ってか知らずか・・・・・(笑) ネオは今日も元気です!

| ネオの近況 | 13:52 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。